セロトニン

セロトニンの不足・過多は、ドーパミンノルアドレナリンの暴走に直結し、身体や精神のバランスを崩すことにつながるため、健康を保つキーとなる。セロトニンが適切に分泌されていると、落ち着き・心地良さを得られることから別名「幸せホルモン」と呼ばれている。

セロトニンの働き

セロトニンの働きは身体の広範囲にわたる。気分を安定させるなどの精神的なコントロールだけでなく、血圧、消化、体温、痛みの間隔など、多くの身体的な機能をコントロールしている。
また、セロトニンはメラトニンの原料になるため、夜に眠り朝に目覚めるという一日のサイクルにも大きな影響をおよぼしている。

セロトニンの生成

セロトニンは食べ物に含まれていないため、直接摂ることが出来ません。必須アミノ酸(人の身体を構成するアミノ酸のうち、体内で合成出来ないもの)の一つ、トリプトファンを摂ることでセロトニンは生成されます。

セロトニン体内分布

セロトニンは脳内だけではなく、体全体に広く分布しており、それぞれの部位で異なる役割を持つ。

部位割合役割
腸内90%腸内の蠕動(ぜんどう)運動促進
血中 8%止血・血管収縮
脳内 2%痛覚抑制・記憶・学習・咀嚼・呼吸運動・気分や感情のコントロール

*脳内神経伝達物質として使用されるセロトニンは脳内でつくられたものに限る。

セロトニンが不足すると

  • 「うつ病」「自殺傾向」「パニック障害」「摂食障害(過食症・拒食症)」「慢性疲労症候群」「自閉症」「睡眠障害」「偏頭痛」「姿勢が乱れる」「低体温」「嘔吐・腹痛・下痢」「衝動行動」「免疫力低下」
  • ドーパミンを抑制出来なくなることによる依存症(ギャンブル・アルコール・タバコ・ネット・ショッピング・テレビ・恋愛等)
  • ノルアドレナリンを抑制出来なくなることによる興奮(イライラ・攻撃的になる)

セロトニンが過多になると

  • セロトニン症候群
    • 「吐き気」「体温の上昇」「高血圧」「異常発汗」「心拍数の増加」「下痢」
    • 「筋肉の痙攣」「反射亢進」「硬直」「振顫(しんせん:不随意的な身体の震え)」
    • 「錯乱」「混乱」「興奮」「頭痛」「昏睡」

セロトニン症候群は、主に抗うつ剤のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の多量摂取、また他の薬との併用が原因とされています。