ノルアドレナリン

ノルアドレナリンは俗に「脳内ホルモン」とも呼ばれていて、思考や意識を活性化する役割を担っている。アドレナリンと同じように、生命の危機・不安・恐怖・怒りを感じたとき、あるいは集中力を要求されるようなときに分泌されるが、アドレナリンが全身の器官に影響を与えるのに対し、脳内と交感神経の末端から分泌され、脳や神経の働きに強い影響を与えている神経伝達物質だ。

ノルアドレナリンの働き

別名「ストレスホルモン」とも呼ばれ、ストレスを感じると分泌される。意識の覚醒や集中・記憶という機能に関係する。俗にいう「火事場の馬鹿力」はこのノルアドレナリンの働きによるものである。生命の危機を管理する機能があり、生命維持を最優先するようになる。敵と出会った時に、すぐに闘争か逃走出来るように全身のモードをチェンジさせるのだ。具体的には交感神経を刺激し、免疫機能を下げる・心拍数や血圧を上げる・代謝、回復機能を下げる・食欲を低下させる・痛みを消すといったところである。ノルアドレナリンの働きは生存本能そのものの働きであり、生きる意欲を促す。

ノルアドレナリンの生成

ノルアドレナリンはアミノ酸「チロシン」から生成される。脳神経に取り込まれたチロシンは、

チロシン→ドーパ→ドーパミンノルアドレナリン

という順番で生合成される。

ノルアドレナリンが不足すると

  • 「仕事の能率低下」「学習効率の低下」「注意力散漫」「意欲」「判断力の低下」「抑うつ」「無気力」「無関心」

ノルアドレナリンが過剰だと

  • 「イライラする」「落ち着きがなくなる」「怒りっぽくなる」「攻撃的になる」「躁状態になる」

ノルアドレナリンが長期的に過剰だと

生産が消費に追いつかなくなり、ノルアドレナリンが減少

ノルアドレナリン濃度の減少が続くと、ノルアドレナリン受容体の感受性が上昇

些細な刺激に対しても過敏反応(闘争か逃走)をするようになる

常時戦闘態勢になる

最終的には枯渇し、無気力状態に

扁桃体、海馬に深刻なダメージ

精神活動の麻痺・感情の鈍化

刺激に対して反応しなくなる