リンパ球

リンパ球とは白血球の一種で、免疫反応を担当する細胞。胸腺で作られるT細胞と骨髄で作られるB細胞、そしてNK細胞(ナチュラルキラー細胞)に大別される。

T細胞

骨髄で生成されたリンパ球が胸腺に移送されて成熟したもの。Tリンパ球ともいう。B細胞の抗体産生の調節,抗原となる細胞の溶解などの機能を持つ。細胞表面に抗原レセプターを有し、機能によってヘルパーT細胞(指令)キラーT細胞(破壊活動実行部隊)、サプレッサーT細胞(ストッパー)、などに区分される。

  • T細胞の「T」はThymusで、胸腺の意

ヘルパーT細胞

免疫システムにおける司令官的役割。マクロファージや樹状細胞、B細胞などが提示する抗原(抗体を作らせたり細胞性免疫を発動させる物質。毒素や微生物、細菌や化学物質など)に反応し、サイトカイン(リンフォカイン)を放出。B細胞に抗体を作るように促すとともに、マクロファージを活性化させ貪食させる。

ヘルパーT細胞はいくつかの種類があり、主にTh1とTh2が存在する。

産出するサイトカイン効果
Th1L-2(インターロイキン2)
IFN-γ(インターフェロンγ)
TNFα (腫瘍壊死因子)
B細胞のIgG抗体産出を促進、Tリンパ球の増殖・分化促進、マクロファージ・NK細胞・キラーT細胞の活性化
Th2IL-4 IL-5 IL-13B細胞のIgE抗体産出を促進
  • 細胞性免疫:キラーT細胞による免疫システム
  • 体液性免疫:B細胞が産出する抗体による免疫システム

キラーT細胞

細胞障害性T細胞(CTL)ともいう。
活性化されたヘルパーT細胞の産出するサイトカイン、L-2(インターロイキン2)によって活性化し、ウイルスに感染した細胞を破壊する。
キラーT細胞は、パーフォリンおよびグランザイムというタンパク質を分泌し、対象の細胞にアポトーシス(細胞死)を起こさせる。

役目を終えたキラーT細胞はそのほとんどが死滅するが、一部はメモリーキラーT細胞として生き残り、同じ敵の次回の襲来に備える。

サプレッサーT細胞

免疫反応を抑制し終了に導く細胞。
現在ではレギュレトリーT細胞(制御性T細胞)と呼ばれている。

B細胞

骨髄で生成されるリンパ球。Bリンパ球ともいう。ヘルパーT細胞からの指令書であるサイトカイン(リンフォカイン)を受けとると活性化し、細胞分裂をして全く同じ性質を持った仲間を増やしていく。この細胞分裂で出来た集団をクローンと呼ぶ。増殖したB細胞集団は大量の抗体(免疫グロブリン)を作り始める形質細胞(抗体産生細胞)と、記憶細胞とに分化する。

抗体(免疫グロブリン)の種類

抗体名割合特徴
IgG70〜75%ウイルス・細菌・真菌など様々な病原体と結合し、補体、オプソニン、毒素の中和などで身体を守る。
胎盤を通過出来る唯一の抗体で、免疫系が確立される生後1週間までの間の胎児を守る。
IgA10〜15%血液・鼻汁・唾液・母乳・腸液などに含まれており、粘膜面への微生物の侵入を防ぐ。
IgM10%赤血球のABO式血液型においてのA抗原やB抗原に対する主たる抗体。
IgD1%以下脾臓中の未成熟B細胞が活性化の準備が整った時のシグナルとなる。
IgE0.001%以下血清中の濃度は非常に低いがアレルギー疾患を持つ患者では上昇が見られる。
寄生虫に体して免疫反応するが、アレルギーや気管支ぜんそく等に大きく関与している。
マスト細胞(肥満細胞)や好塩基球の表面にある受容体と結合し、そこに抗原が結合すると、細胞内顆粒中のヒスタミンなどを放出する。
  • B細胞の「B」はBone marrowで、骨髄の意
  • 補体とは、免疫反応・感染・防御などに関与する20種ほどのタンパク質の総称で、抗原と抗体との複合体に反応して活性化され、溶血・溶菌,食作用の促進など種々の効果をもたらす。熱に弱い。
  • オプソニンとは、食菌促進物質のことで、細菌やウイルスに付着して白血球の食作用を促進する。

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)とは、その細胞内に細胞障害性顆粒(パーフォリンやグランザイム等)有する比較的大型のリンパ球で、キラーT細胞(細胞障害性T細胞)と違い、常時細胞障害性を有しており、生まれつき(Natural)の殺し屋(Killer)ということからその名がついた。

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)のT細胞やB細胞との違い

T細胞やB細胞は特定の相手(抗原)に作用するが、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は異常細胞であれば相手を選ばず殺傷する。NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、ウイルス感染した細胞だろうが、がん化した細胞だろうが速やかに排除する。

ゆえに、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、がんに対する免疫の最右翼を担っているのである。