最後の足掻き

健康、環境、経済の自分軸を取り戻したら、自然と時間軸も自分軸になっていくものだ。
ここまでくると、もうブレることはほとんどない。

それでもたまに昔の記憶が蘇り、気付くと以前の習慣で動いている。
以前の習慣で動くとたちまち時間軸がおかしくなる。
起こることがスローになり(時にはストップし)、本来のペースに戻った時には、自分のバカさ加減にうんざりする。

物事は本来の自分に選択させろ

気付く度に新常識で感じ、行動することを繰り返していれば、いつの間にか人生は大きく起動を変え、自分の色に染まっていく。
繰り返すほどに自分を強く感じ、自信が溢れてくる。

確かに今まで信じてきた常識を変えるのは難しい。簡単ではない。
でも、それを感じるのもあと少し。

「健康も環境も経済も、失っても取り戻すことができる。でも時間は別。」

確かに失った時は取り戻せない。
さっさと自分の時間を楽しまなければ悔いが残る。

時間の新常識

「何に時間を使うのか、自分自身で決めなさい。」

人生が上手くいっている人も、そうではないと思っている人も、みんな自分で物事を選択し、選択した通りの人生を送っている。
ただ、上手くいっている人は本心に従って自然に選択し、そうではないと思っている人は他人や世間の常識に従って選択しているというだけだ。
今ではその違いが分かる。

「人生はあなたの決めたようになるのです。」