顆粒球

顆粒球とは細菌やウィルスなどの微生物を自身の細胞中に取り込んで、蛋白質を破壊する酵素で細菌を破壊し消化する白血球で、その様がさながら食い殺すかのように見えることから、貪食細胞とも呼ばれる 。

顆粒球には好中球,好酸球,好塩基球の3種類がある。

好中球

血液中に最も多く存在する顆粒球。白血球全体の6割を占める。単球・マクロファージとともに、細菌の侵入に対して最も有効な武器である。 とくにIgG抗体, IgM抗体と結合した抗原は効率的に処理する。
特別な信号を受けると血流を離れ組織に入りむ。これらの信号は細菌そのものから、あるいは補体タンパク、マクロファージなどから発信され、そのすべてが好中球を問題部位に引き寄せる物質(走化因子)を構成する。
感染した部位に到達した好中球は、細菌類に接触し、貪食を開始する。このとき、自身のレセプターだけでなく補体やIgG抗体といったオプソニンの助けを借りて細菌類を認識している。
好中球は取込んだ異物を顆粒中に含まれる殺菌性酵素や活性酸素により消化、殺菌する。

細菌類を飲み込んだ好中球はやがて死に至り、その死体は膿となる。

好酸球

好酸球は,寄生虫感染やアレルギー疾患で増加する。 増殖・活性化因子は IL-3(インターロイキン3)とIL-5(インターロイキン5)およびGM-CSF(顆粒球単球コロニー刺激因子)というサイトカインである。
顆粒から特殊な蛋白を放出して寄生虫やその虫卵を傷害したり、喘息や薬物アレルギーなどのアレルギー反応を引き起こす。

好塩基球

顆粒中にアレルギー反応の原因となるヒスタミン、ロイコトリエン、ヘパリンなどを含んでいるため、好塩基球の表面にある免疫グロブリンE(IgE)に抗原が結合すると顆粒中からヒスタミンなどが放出されて即時型のアレルギー反応を引き起こす。