アレルギー性鼻炎


小学生のときに、一番通っていた病院は耳鼻科だった。

ちょっとでも鼻水が出たりすると、すぐに耳鼻科に連れて行かれては
ブシュブシュいろんな液体を注入された。

アレルギー性鼻炎
(写真と本文は関係ありません。)

これは、父親が蓄膿症で長年苦しんだことが影響している。
父親の健康観は、「早期発見、早期治療」にあり、少しでもなんらかの症状が出たら、病院に行く事が当たり前であった。

これが親から教わった常識なのだ。

完全に「自らの自然治癒力が健康を維持する」観点がというが欠落しており、医者の診断、処方、薬というものに頼り切っている生き方である。

自分は病気に対して無力である、といった姿勢は、医者や薬への盲目的な信奉の温床となり、それがますます病気への抵抗力を弱めていく。

本来は体に戦わせ、免疫力を上げていかなければならない幼少期。
しかし、その幼少の頃からの抗生物質の投与が、僕の免疫システムの成長を妨げ、ちょっとした細菌を排除する力もないために、すぐに悪化したというのは想像に難くない。

そのため、健康な幼児が鼻水や咳で治まるものにも、限られた免疫がフル稼働し、蓄膿、痰、発熱といった形で現れていただけのことだ。
これらの症状は全て自分を守るための免疫活動である。
ところが、その症状を病気だとする認識が、ますます自然治癒力を低下させる対処療法に走らせた。

新常識の世界から見れば、たちの悪い冗談としか思えないほど、滑稽である。

その滑稽さは、深刻に、僕の身体を蝕んでいったのだ。


乳幼児の医療費無料の制度が、この考えに拍車をかけている。
幼い頃から何かあるとすぐに病院に行く習慣は、その子のその後の人生に大きく関わってくることを、世の中の親はどれほど知っているのだろうか。

「早期発見早期治療」という考え方が、昔には病気として認識されていなかった症状まで病気としている。
そのことにより、治療の必要はなかった人までも病人にさせられていることを、世の中の大人はどれほど知っているのだろうか。