セロトニン症候群

SSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)の最も強烈な副作用が
セロトニン症候群と呼ばれるものである。

SSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)は、脳内神経伝達物質(ニューロトランスミッター)のセロトニンに対して選択的に作用する抗鬱剤である。

セロトニンの再取り込みを邪魔することで、ストレス等の原因によって減ってしまったセロトニンの濃度を上げるというもの。

セロトニンは非常に重要な役割があるのだが、何事もバランスが大切。
減りすぎると抑鬱状態を招くが、増え過ぎても駄目なのだ。

SSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)によってセロトニンの濃度が上がりすぎると

といった神経系に重篤な副作用をもたらす。

まず、もともと大阪時代でもおかしくなっていた体温の調節機能が更におかしくなった。
それに伴い、異常発汗もひどくなった。
時々、心拍数も異常に上がり、動悸が激しくなった。
脳もずっと緊張状態が続く。

筋肉を動かす神経系にも異常が出た。
自分の意志とは全く無関係に、急に筋肉が収縮することが起き始めた。
いきなり電撃を喰らったかのようにふくらはぎがけいれんするのだ。
これは堪え難い激痛で、とてもでないが立ってはいられない。
振顫(しんせん)という身体の震えも起きた。
寒くもないのに、急に歯がガタガタ震えだすことも。
身体中が強ばって、痛くて仕方が無い。

昏睡もセロトニン症候群の特徴の一つだ。
僕の場合は風呂上がりに起きることが多く、昏倒するときに受け身が全く取れないので、とても危険である。

これらの症状は、SSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)を絶った後も続き、長く僕を苦しめ続けた。

セロトニン症候群