復職(二回目)、そして転勤

超短期間で強引に復職したわけだが、復帰後の記憶もほとんどない。
思い出す気にもなれない。

でも、そこそこの仕事をしていたのだと思う。
近隣の店舗の副店長に任じられ、転勤することとなった。

転勤がつきものの会社に就職したので、承知の上ではあるが、やはり生活環境が変わるので、転勤の与える影響は大きい。
幼少のころ、父親の仕事の影響で数多くの転校を余儀なくされ、非常にいやな目に遭っており、転勤のない仕事を望んでいたはずなのに、自分の本心に背いて就職活動に臨んでしまったツケだ。
僕の務めていた会社は、転勤しなければ出世の道が無い会社だった。
転勤を受け入れなければ、給料が上がる可能性はゼロだった。

せっかく出来た職場の仲間との別れは辛かったが、これも仕方ないことと割り切り、転勤を受け入れた。

とことん、僕の生きたい人生の環境と、当時の会社での環境は違いに違っていた。

それが変えられるとも思っていなかった。

転勤辞令