ベンゾジアゼピン離脱症候群

僕が飲んでいた薬のうち、思い出せる薬剤名が

  • ソラナックス(抗不安薬)
  • レキソタン(抗不安薬)
  • レンドルミン(睡眠薬)
  • サイレース(睡眠薬)
  • デパス(抗不安薬、睡眠薬)
  • ドグマチール(胃・十二指腸潰瘍、抗鬱薬、統合失調症治療薬)
  • ルボックス(抗鬱薬)

といったものである。

このうち、ドグマチールとルボックス以外はベンゾジアゼピン系薬と呼ばれる向精神薬群である。

これらは極めて依存性が高く、薬物による本来期待される作用(不安を和らげたり、眠れるようにする)よりも、離脱症状(薬物の服用を減らしたり断ったりするときに現れる症状)の方が精神や肉体に現れる。

特に日本の精神科治療は、向精神薬の「多種」「多量」の処方が特徴である。
事実、僕も長期にわたり多種多量の向精神薬群を服用してきた。

転職を意識し、資格取得のための勉強をしたり、外食事業に異動し、そこで地獄を経験し、病院送りになったりといった経験から、自分の中で鬱からの脱却を図り、人生を変えていこうという意志が次第に形成されていった。

そして、ある日を境に、多種多量に服用していた向精神薬の全てを一度に止めた。

ベンゾジアゼピン離脱症候群などという言葉も意味も知らなかった。
無知故の独断。
これは讃えられるべき勇気ある行為ではなく、命を顧みないただの蛮勇であった。
たしかに、向精神薬に対する依存は、自分の意志で克服することが出来たと思う。
だが、その深刻なベンゾジアゼピン離脱症候群に関しては、意志とかの問題ではない。
身体的に非常に高い確率で起きうる現象だったのだ。

そして、その深刻なベンゾジアゼピン離脱症候群は、僕の身にも降り掛かる。
そして、この忌々しいベンゾジアゼピン離脱症候群は、断薬後10数年経った今でも起きている。
その間に致命的な発作も何度か経験した。

これほどの毒物がなぜ普通に流通しているのか、僕にはどうしても理解出来なかった。
が、自分の身を以て体験しているこれらの現象は、まぎれも無い事実である。

現実とは、往々にして知りたくないような内容を含んでいるものなのだ。

ベンゾジアゼピン離脱症候群