頭で食べるな!!

食べる喜びを知った僕に彼女は言った。

「本当に食べたいと思うものが、身体が欲しているもの。最近は頭で食べている人が多い。

確かに、そうだ。
以前の僕は、コンビニ弁当とかカップ麺とかで食欲を満たしていた。

健康を害してからは、色々な本を読みあさり、様々な健康情報を手に入れた。
そして、そこで得た知識に基づいて食習慣を変えた。
好きなものを食べるのをやめ、タンパク質と炭水化物を極端に抜いた生活を続けていた。
食べるものにいちいち気をつけていて、ちょっとでも肉が入っていたら避けて食べていた。

あれを食べては駄目。
これも食べては駄目。
これはたくさん食べなさい。
膨大な食品リストに基づいて食べるものを決めていた。
それも、全ては健康になるため。

しかし、「食べる」という行為が、「病気にならないため」という意識にも続いていて、本当に自分の身体が欲しているものかなんて、考慮に入れていなかった。
何より、楽しさも喜びも幸せも何もなかった。

僕は一体、何をしてきたのか。
僕は一体、何を求めてきたのか。

健康のマニアになりたかったのではなかったはずだ。
幸せの基盤としての健康を手に入れたかったはずなのだ。

チャームプラスを飲み始めて、健康観がまるっきり変わってしまった。 栄養素がどうとか、頭で考えて食べるのではなく、身体が欲するものをそのまま食べればよいのだというふうになったのだ。 それは、チャームプラスを摂ったことで、食べたいものを感じられるようになったということでもあるし、他人の知識から自分の身体へと信頼が移ったことを意味する。

身体のことは身体が一番良く知っている。
その身体が必要だと感じるものを食べればそれでいいのだ。
たまにジャンクフードが食べたくなっても、それはそれ。
多少毒物が入っていたとしても、その毒素を代謝・排出出来るレベルの健康を保っていれば、問題は無いのだ。

この食生活に対する健康観の180度の転換は、自己不信に満ちた人生から、自分に対する信頼の回復へ向かう歴史的転換点でもあったのだ。

頭で食べるな!


チャームプラスには、効果的に食欲と炭水化物に対する欲求を抑える為のノルピネフリン、セロトニンといった神経伝達物質をターゲットとしたシステムがフォーミュレート(調整)されています。

ノルエピネフリンには食欲抑制と早期に満腹に導く効果があります。
ノルエピネフリンの前駆物質はドーパミンです。
チャームプラスに含まれているチロシンはドーパミンの前駆物質です。
ドーパミンは快楽を司る神経伝達物質です。

セロトニンには炭水化物の欲求を減らす効果があります。
チャームプラスに含まれている5ヒドロキシトリプトファンはセロトニンの前駆物質です。
セロトニンは幸福感を司る神経伝達物質です。

これらの神経伝達物質が出やすくなることで、快感と幸福感を感じながら早期に満腹感を感じやすくなるのです。