視界が広がる

本来の自分の人生を体現するまでの道のりは、決して楽ではない。

ここに至るまでに刷り込まれた常識や価値感をぶち壊す作業でもある。
新しい知識や経験を増やすというよりは、要らない知識や経験を削ぎ落し、シンプルに基本を叩き込んでいく感じだ。

身体と心の平穏を取り戻し、自分を取り巻く人間関係も変わり、目に入るものやキャッチする情報も変わった。意識(視点)が変わったからだ。

僕の目に世界が面白く映る。意欲が増すことで、視界が広がった気がした。

この頃には自宅が職場として機能していた。
毎日決まった時間に会社に行く必要はないのだ。
まさかこんな環境で生活ができるようになるなんて、少し前までの僕は思ってもいなかった。

確かに居住環境や仕事環境は目に見えて変わったが、本質はそこではない。今までもそれらの目に見える環境は何度も変わった。周りの人間も入れ替わり立ち替わり変わった。だが、僕はずっと自分を信じてこなかった。

自分の可能性を信じることで、こうも世界が変わるのだ。

僕は僕にしか出来ない役割「自分で居る」ということを、完全に受け容れた。

視界が広がる