たばこ依存

子供の頃、タバコを吸うヤツは馬鹿だと思っていた。
身体に悪く、しかも臭い。
僕はタバコもタバコを吸うヤツも大嫌いだった。

だが、大学生になって出来た友人のほとんどが喫煙者で、うちに遊びにくる度にタバコを吸っていて、その影響で、うっかり自分で買って吸ってしまった。
二十歳を過ぎた頃だ。

最初に吸った時は、その場で卒倒した。
急性ニコチン中毒だった。
だが、次第に慣れて、結局は自分が馬鹿にしていた喫煙者になってしまった。
吸い始めた時は、いつでもやめられると思っていた。
だが、実際にはやめたいと思わなかった。
社会人になる頃には立派なタバコ中毒になっていた。

タバコの禁断症状は凄まじい。
まるで耐えれない。
勤務中だろうがなんだろうが、おかまい無しに吸いたくなる。
どんなに眠かろうが、タバコが切れればコンビニに買いに走るし、
どんなに風邪で喉が痛くても、タバコだけは絶対に吸っていた。
トイレで隠れて吸ってたし、会社を抜けて、ちょっと離れたビルの喫煙室まで行って喫煙もしていた。
タバコが切れた時の、あのイライラ。
とてもではないが耐えられない。

鬱をこじらせている時も、もちろん吸っていた。
精神安定剤的な使い方をしていた。

もう、一生やめることは無いだろうと思っていた。
何かに依存し始めることは、あっけないほど容易く、
依存し続けることは、さらに依存を強めていき、
依存を断ち切ることをどんどん困難にしていく。
これが依存症の恐ろしいところだ。

タバコ依存症

コメント


認証コード3361

コメントは管理者の承認後に表示されます。